新着情報

令和元年度 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)シンポジウム開催のご案内

 平成27年度から、新潟の地域活性化を目指し、県内大学・自治体・企業・経済団体が一丸となって、「『ひと・まち・しごと』創生を循環させるNIIGATA人材の育成と定着」事業(NIIGATA COC+)に取り組んでいます。

 補助事業としての最終年度に臨み、これまでの成果報告と、本事業によって形成された産官金学の協働を今後どのように継続・発展させるべきかを議論することを目的としたシンポジウムを開催いたします。

 本シンポジウムでは、NIIGATA COC+の成果を共有した上で、基調講演やパネルディスカッションを通じて、若者の育成(『学んでよし』)と魅力ある就業先や雇用の創出(『働いてよし』)を通じた地域活性化にどのように取り組むかを議論いたします。

 御所属や年齢の枠を超え、新潟地域の課題解決に興味関心がある方々に御参加いただきたく、多数の皆様の御来場をお待ちしております。



■テーマ:「学んでよし、働いてよしの新潟に向けて~COC+事業の成果報告と若者の県内定着促進のために~」

■日時:令和元年11月19日(火)13:30~17:00

■会場:ANAクラウンプラザホテル新潟
     〒950-8531 新潟県新潟市中央区万代5丁目11番20号

■入場無料・先着300名



■プログラム

 1 開会挨拶 新潟大学

 2 来賓挨拶 文部科学省

 3 NIIGATA COC+成果報告「地域志向の教育改革について」
   髙橋 姿 新潟大学長

 4 基調講演「新潟の未来像 ~住んでよし、訪れてよしの新潟県を目指して~」
   佐久間 豊 氏 新潟県副知事

 5 パネルディスカッション「若者の県内定着と地域活性化に向けて」
   パネリスト(五十音順)
     佐久間 寛道 氏  新潟県総務管理部長
     寺内 美奈 氏   新潟職業能力開発短期大学校校長
     名古屋 祐三 氏  新潟県中小企業団体中央会専務理事
     山田 耕太 氏   敬和学園大学長
   モデレーター
     川端 和重     新潟大学理事(社会連携・財務担当)/副学長

 6 閉会挨拶 株式会社新潟日報社



■参加大学/新潟大学・新潟県立大学・敬和学園大学・事業創造大学院大学・長岡大学
      新潟国際情報大学・新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部 
■協力大学/長岡造形大学・新潟経営大学・新潟工科大学・新潟産業大学・新潟薬科大学
      青山学院大学・東海大学 
■自治体/新潟県・新潟市 
■企業/亀田製菓・コロナ・第四銀行・新潟日報社・ブルボン・北越コーポレーション・北越工業 
■経済団体等/新潟県商工会議所連合会・新潟県商工会連合会・新潟県中小企業団体中央会
       新潟県経営者協会・新潟経済同友会・新潟県食品産業協会
       新潟県電子機械工業会・環日本海経済研究所

チラシPDFはこちら


申込はこちら